コラム

大丈夫?違法改造チェックリスト

お車のカスタムはとても楽しいものですが、その一方で違法改造に繋がってしまう事もあります。カスタムの仕様によっては車検が通らない場合もありますので、注意が必要です。違法改造となるパターンをいくつかご紹介しますので、是非チェックしてみて下さい。

タイヤ・ホイールのはみ出し

タイヤ・ホイールのはみ出し

タイヤやホイールが車体の外にはみ出していると、歩行者に危害を及ぼすおそれがあり、車体やブレーキ機構と干渉する危険性も高くなります。ホイールにスピンナーを取り付けるのも危険です。適切なサイズの部品を選んで装着しなければなりません。

ウインカー・フォグランプの色の変更

 
ウインカー・フォグランプの色の変更

ウインカー(方向指示器)は橙色、フォグランプは白色または淡黄色といったように、ランプ類は使用すべき色が決まっています。その他の色を使うと、誤認により事故を誘発する危険性があるため、不適切なランプの取り付けは違法改造と見なされます。

基準外のウイングの取り付け

基準に適合しないサイズや形のウイングは、他の交通の妨げになるため違法改造となります。幅広で大きいウイングを装着し、車検に通らなくなるケースが特に多いようです。ウイングを装着する際は、サイズや形が基準に適合するものを選び、正しく取り付ける事が重要です。

着色フィルムやステッカーの貼り付け

前面ガラス、運転席または助手席の窓ガラスに着色フィルム(可視光線透過率70%未満のもの)を貼り付けると、死角が増えて大変危険です。また、前面ガラスにステッカーを貼ったお車をよく見かけますが、指定以外のステッカーを貼る事はできませんので、注意しましょう。

せっかく愛車をカスタムしても、違法改造とみなされてしまうと車検を通過することができません。ただ、構造変更申請を行うことで、滞りなく車検を通過できるケースもあります。リフトアップなどのカスタムで車検が通るか心配なオーナー様、構造変更申請をお考えのオーナー様は、ぜひ当店にご相談ください。

静岡でカスタム実績が豊富なお店として、多くのお客様にご利用いただいております。特にジムニー・エブリー・ミニキャブのカスタムについては多くの実績があり、メンバーダウンハイリフトにしたり、LEDヘッドライトを取り付けたりなど、様々なご要望にお応えします。カスタム済みの中古車販売にも力を入れておりますので、静岡でこれからジムニーやエブリーを購入しようとお考えの方も、お気軽にご相談ください。

Copyright © 2015 磐田市の中古車販売、自動車修理・整備、ガレージ雅 All Rights Reserved.